不動産のプロとして根拠

104 「話が上手い」「口が達者」というのは少し違った能力

訪問査定では、営業担当者は売主様にさまざまな質問をし、不動産のプロとして根拠をもって査定価格の説明をします。
また、売却の全体的な流れや準備が必要なことなど、細かな説明をしなければなりません。

まずその説明がわかりやすいものであるかに着目してください。
プロでない相手に、わかりやすく説明するには、説明することを充分に理解していなければ難しいものです。
優秀な営業であれば、素人にもわかりやすい説明を習得しているはずでしょう。

ここで注意が必要なのは、大切なのは「わかりやすさ」であって、「話が上手い」ということではありません。
わかりやすさというのは相手への配慮から生まれてきます。
対して、「話が上手い」「口が達者」というのは少し違った能力であることも多いので気を付けます。