祝!一次選考通過

098 担当者自身の印象を見て誰に依頼をするか?を考える

不動産会社(2~3社)の担当者より「一次選考通過者」を決めたら「訪問査定」を依頼し、二次選考に進みます。
訪問査定では実際に会い、担当者自身の印象を見て査定を行いきます。
基本的な判断基準は、現地で物件のコンディションをちゃんと確認できているか?など、知識や技術ではわからなかった点を考慮しましょう。

担当者が現地で物件を調査する際、あまり室内などは見ず査定結果を出してしまう場合は、理由を聞きましょう。
納得のいく理由があれば問題ありませんが、根拠が明確でない場合は注意が必要です。

仮に一戸建てであった場合、どのような場合でも、少なくとも基礎周辺は見ておく必要があるはずです。

最も大切なことは「信頼して売却を任せられるか」という点です。
せっかく会って話すチャンスですので、相手の人となりを見て頂くのが一番だと思います。
「親身になって話を聞いてもらえそうか」
「誠実に対応してくれるか」など
顧客を大切にしてくれそうかどうかを見極めてください。