優秀なパートナーとの出逢い

094 自宅の売却を依頼する前に大事な事を考えてみましょう。

依頼先が「住宅の売却仲介が本当に得意」なのか?をまずは事前に確認。
よく知っている方にお任せするから大丈夫!な場合も、実は「商業用不動産は得意だけれど…その他は…」なんて事も…。

専門ではない場合、ご希望の結果に繋がらないかもしれません。
後悔をしないためには、ニーズにあっているかをにも気を付ける必要がります。

よくあるケースとして、ご友人が賃貸専門の会社にお勤めである場合、もちろん免許は一緒なので、依頼を受けること自体は問題ありません。
しかし、普段は賃貸しか取り扱っていない場合、売買の段取りはわかりません。
いつなにをしなければならないかということも、曖昧かもしれないのです。

自身の優秀なパートナーとして、導いてくれるはずの不動産会社が「実は売買はわからない」という状況。
これで満足のいく売却をすることは非常に難しいことは容易に想像ができます。
餅は餅屋に、不動産の売却は、売却に強く信頼のできる担当にご依頼ください。