宅建免許の○の数字の話

083 「宅建免許の( )内の数字が大きいほうが良い会社」

宅建免許を目にする時に数字が書かれている場合、気をつけてよーく見てみてください。

そもそも、この( )内の数字は何でしょう?

この数字は、宅建免許の更新回数を表しますので、数字が大きい=歴史が長いということになります。
しかし、数字が小さくともフットワーク軽く良いお仕事をされている方はいらっしゃいますし、逆に歴史は長いが古い体質が残ってしまっているようなケースもあります。
更新回数だけで良し悪しをはかるものではありません。

一概に言えないのは、「駅前にある不動産屋さんに任せた方がお客さんを連れてきてくれる。」というお話。

今は、レインズに情報が登録されれば、どのお客様の物件も紹介されるからです。
紹介できる確率はほぼ変わらないはず!?です。

それよりも、お客様のお話にじっくり耳をかたむけ、真摯に寄り添ってくれる不動産会社に出逢う事が重要です。