「君に頼んでよかった」

077 不動産を通して後悔でなく、幸福になってほしい

とある売主様は売却完了後に、
「君に頼んでよかった」
「でも買う時からから君に頼めていれば、こんなことにはならなかっただろうなぁ」
と言われたことがございます。

とある理由での売却だったのですが、「購入時点でもっと正しい情報があれば違った選択をしていたと思う」と後悔されているご様子でした。
褒めて頂いたことは嬉しかったのですが、同じくらい悲しい気持ちも味わいました。

「とてもいい家だった」と買主様に引き継ぐのか、
「こんなはずじゃなかった」と売り払ってしまうのか、
この差は非常に大きなものです。

不動産売買は人生においても大きなイベントです。
そこでの喜びや後悔は、相対的に強く印象に残るものだと思います。
願わくはなるべく良いお気持ちで前に進んで頂きたい。
そのためにも、不動産会社選びはどうか慎重に♪