後悔しない自宅売却

006 売ってから絶対後悔したくない

売ってから絶対後悔したくないご自宅を売ろうと考え、不動産会社に相談したとします。しかし、同時に「ある不安」を感じます。「売って後悔しないだろうか?」と。売却し終わった後に、後悔しないか不安を感じるのです。経済評論家が、日本の不動産市場の先行きについて語っている。売れないといっている。インターネットの情報を見れば「悪徳不動産会社」の記事が目につく。安く売られたりはしないか。売れなくてドンドン値下げしていったら…と、不安になります。人間というものは、不安を感じ出すと、あらゆることをその不安に結びつけます。例えば、壁のシミが3つあれば顔に見えることがあります。それが幽霊に見えるというのも「怖い」と不安によるものです。まさに、自分自身の精神状態が「不安」を引き寄せます。すると今度は、その不安を解消しようとありとあらゆる「情報」を収集し始めます。しかし「正しい情報」を知る事はいいのですが、たいていの場合「間違った情報」を集めていることが多いのです。そうなるとだんだん頭でっかちになり、「いろいろ調べたけど、まだ売りどきじゃないらしい」などといい出します。そして、本当に大切な「売るチャンス」を逃すのです。中には、近所の「ウワサ」や不動産売買の素人の親戚や友人の「無責任なアドバイス」を受けて、チャンスを逃す人もいます。そういう方はたくさんいます。結局「いい条件で売り損なった」と。このように自宅を売ることに対して抱く不安は、結果としてチャンスを逃します。只、この不安は簡単に解消することができます。「売って後悔したくない」のであれば「後悔しない不動産売却」をすればいいのです。これはどういうことか。例えば2つの箱があり、「Aの箱には好きなもの」「Bの箱には嫌いなもの」が入っていたとします。それを聞いた場合、ほとんどの人はAの箱を開けます。只、もしそれを知ったうえで、Bの箱を選んでも「あぁ、やっぱりね」で終わります。それは「正しい情報を事前に知っているから」です。ここに後悔はありません。しかし、何のヒントもなくBの箱を開けたらこう思いませんか?「やっぱりAにしておけばよかった!」自分の好きなものがBに入っているかもしれない、という「根拠のない期待」を裏切られたから後悔するのです。そして不動産売却における根拠なき期待を形成するのは、いいも悪いも判断ができない玉石混交の情報なのです。「何千万円くらいで売れるかもしれない」「売りに出せばすぐ売れると思う」「この物件がこれぐらいなら、私の物件はもっと高く売れるはずだ」こうした「…かもしれない」「…と思う」「…のはずだ」という根拠のない期待を抱いても、現実には、思うような結果は出ません。そして、それが「そんなはずではなかった」という後悔に結びつくのです。だからこそ、「最適な方法と最適な価格」という「正しい情報」を事前に知ること。そしてその正しい情報を素直な気持ちで受け止めることが、結果として「後悔しない自宅売却」をする秘訣なのです。

    前の記事

    自宅を売ろう!?

    次の記事

    購入のメリット